シャネル激安財布スーパーコピーブランド商品を提供店

コピー財布 http://www.buybrand-jp.com

クリスチャンダダ 2013年春夏財布 メンズコレクション - 氷中に閉じ込めた服に本質を問う

財布 メンズその次に登場したのは、元ある形から"肉"の部分をどんどん抜いて、最低必要な構造線だけを残してどこまで形がのこるか追及された服たち。そして、「洋服に穴をあけてボロボロにするのでなく、極限まで穴をあけて、一番シンプルな洋服のかたちをつくりたかった」と話すデザイナーの森永邦彦は、線と面で構成される、コピー財布水玉やチェック柄も、線だけを残してレーザーで切り抜いた。そうして線だけになった服は、美しいレースのようだったり、下に重ねた柄とリンクして不思議な立体感をつくりだしたり、そぎ落とされることで新しい魅力を持つ服として生まれ変わった。

「ボロルックが30年前に登場して、洋服をやぶって穴を空けても今においては洋服を壊すことにはならないと思っています。今の技術で洋服の肉を落とすことを考えると、僕なりのグランジルック、ほつれることはない自分なりのボロルックができました。それは、ボロボロで壊れそうだけどしっかりと存在している服です」(森永)

2012年10月16日(火)に発表された、クリスチャン ダダ(CHRISTIAN DADA)の2013年春夏コレクション。インスタレーション形式で発表され、テーマ「SUBSTANCE」。コンセプチュアルな服づくりで知られるデザイナーの森川マサノリからの、「本質は一見して気付かないものなのかもしれない」というメッセージだ。

トレンド、動物性革、刺繍レース、撥水素材、毛素材。ルイヴィトンコピーこれらの素材でできた服を氷の中に閉じ込めて、溶けていく様、解凍した後の素材の変化が発表題材とした。

一見すると氷中にある衣服たちは普段よりも輝きを増し、美しくも見える。だが、透明のバリアは、所有者である人にも触れさせることを冷たく拒む。着られるために生まれてきた、その存在意義を奪われても、まだなお存在する衣服たち。

真っ暗なランウェイに、ブラックライトでレントゲンのように白く浮き上がったのは、クリノリンのような洋服の骨組み。モデルの体も黒く塗られているせいで、骨組みだけが歩いているかのよう。会場が明るくなって、今度はネオンカラーの骨組みの服の下に、ワンピースを着たモデルが現れた。そのワンピースは、骨格が抜けてしぼんだ状態を表現している。

記念すべき20回目のコレクションとなった今回、東京タワーでのデビューショーで使った音楽を高音フレーム化してBGMにした。ラストルックは東京タワーの骨組みを服にしたもの。服の「かたち」を追求するというストイックな挑戦は、激安ブランドいつしかアンリアレイジという歴史をかたちづくっていた。

この氷が解けたとき、衣服はどんな姿を見せるのだろう。氷の中で失っていたものをまた取り戻すのだろうか。それとも、また違う存在へと、生まれ変わるのだろうか。そこに、衣服の本質は見いだせるのか。そんな考えを巡らせながら、衣服自体の価値を問う。

2012年10月16日(火)、アンリアレイジ(ANREALAGE)が2013年春夏コレクションを発表した。テーマは「かたちの骨」。時間や解像度など、今までかたちにならないものを形にしてきたアンリアレイジだが、今回はかたちとしては存在しているけれど、日常では見えてこない「骨格」に注目。洋服に想像上の骨組みを与えるというアプローチによって、服のかたちを追求した。
  1. 2012/12/02(日) 21:55:51|
  2. 未分类
  3. | 引用:0
  4. | 留言:0
<<エトロからスパイシーな財布 メンズ香りのフレグランス「グリーンストーリー」発売 | 主页 | ファッションを考える勉強会の第3回財布 メンズ開催 - 「語られない1970年代のコム デ ギャルソン」>>

留言

发表留言


只对管理员显示

引用

引用 URL
http://almond10335.blog.fc2blog.us/tb.php/8-0a987bcd
引用此文章(FC2博客用户)