シャネル激安財布スーパーコピーブランド商品を提供店

コピー財布 http://www.buybrand-jp.com

ファッションを考える勉強会の第3回財布 メンズ開催 - 「語られない1970年代のコム デ ギャルソン」

財布 メンズ特別ゲスト:西谷真理子氏
1950年生まれ。東京都立大学卒業後、文化出版局に入社。「装苑」「ハイファッション」他に在籍し2011年3月定年で退職。以後2012年6月までハイファッション・オンラインのチーフエディターを経て、現在はフリー。2011年秋に東京オペラシティで開催された『感じる服、考える服 東京ファッションの現在形』展共同キュレーターを務め、カタログ(以文社、PRESTEL社刊)を編集。2010年から2011年にかけては、コピー財布後藤繁雄主宰のSuper School「ファッションを記述する」で講師に。編著に『ファッションは語りはじめた』『相対的コム デ ギャルソン論』(2012年12月刊)(ともにフィルムアート社)。世田谷ものづくり学校発行のIID PAPERにコラム「女子の強気」を連載中。2013年4月より、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部ファッションコースの特任教授に就任予定。

モデレーター:高城梨理世
1984年鹿児島生まれ。母親の影響で幼少時からファッションに興味を持つ。国際基督教大学への進学を機に上京、西洋美術史を専攻。「COLORS ファッションと色彩:VIKTOR & ROLF & KCI」展がきっかけで、ファッションを研究、記述することに関心を持ち、以後修士課程修了まで、ファッションを研究テーマとする。興味の対象はファッションとオリエンタリズムや、前衛性、身体性の問題など。好きなブランドはヨウジヤマモト。東京大学大学院表象文化論コース修士課程修了。

2012年12月5日(水)、「BISTRO CAFE LADIES & GENTLEMEN」がリニューアル中の伊勢丹新宿店本館の3階に誕生する。「Sign」や「bills」の立役者であるとしても知られる通り、常に話題のスポットを生み出すヒットメーカー、トランジット・ジェネラルオフィスの中村貞裕が手がける注目のカフェだ。

国内外の著名人を顧客に持つフレンチレストラン「オーギャマン・ド・トキオ」で知られ、フレンチビストロの第一人者である木下威征がフードプロデュースを務める。

新たに生まれ変わった伊勢丹新宿店本館で、オリジナリティあふれるルイヴィトンコピー東京スタイルのビストロカフェを楽しもう。

ファッションのつくり手であるデザイナーに焦点を当てることで、装いの文化や社会現象を考える勉強会「Think of Fashion」の第3回目が2012年12月9日(日)に開催される。今回は「語られない1970年代のコム デ ギャルソン(COMME des GARCONS)」をテーマに文化ファッション研究機構共同研究員の工藤雅人と近日刊行される「相対性コム デ ギャルソン論」(フィルムアート社)の編集を務めた西谷真理子を特別ゲストとして招き、モデレーターを務める高城梨理世とともに考えていく。

コム デ ギャルソンの歴史は、その多くが1981年のパリコレデビューを始点として「黒の衝撃」というキーワードとともに語られてきた。しかしながら、ブランドの創設が1969年であるのに対し1970年代のコム デ ギャルソンは語られてきていない。

今回は『an・an』など1970年代のコム デ ギャルソンが掲載された雑誌を見ながら、当時のコム デ ギャルソンと「黒の衝撃」以降との落差、現在のコム デ ギャルソンになっていく過程を確認。さらに、1970年代が語られない理由を「歴史」をキーワードとして試論的に考察する。

【プロフィール】
講師:工藤雅人氏
1981年山形県米沢市生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程在籍、文化ファッション研究機構共同研究員、武蔵大学社会学部非常勤講師。専門は文化社会学、メディア史、ファッション論。論文 に「回帰と更新の激安ブランド果てにANREALAGEが見た景色」(『A REAL UN REAL AGE』パルコ出版、2012)、「COMME des GARCONS以前のコム デ ギャルソン――1970年代が可能にしたCOMMEdes GARCONS」(西谷真理子編『相対性コム デ ギャルソン論』フィルムアート社,2012)、 「洋服から身体を引き剥がす――ANREALAGEの示す『かたち』」など。

【書籍紹介】
『相対性コム デ ギャルソン論-なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか』
コム デ ギャルソンをめぐって、研究者(成実弘至、井上雅人、井伊あかり、菊田琢也、平芳裕子、小澤京子、工藤雅人)、 建築家(五十嵐太郎、浅子佳英、坂牛卓、松田達、入江徹、藤原徹平)、哲学者(千葉雅也、本間直樹)、アートキュレーター(長谷川祐子、木ノ下智恵子)など、ファッション業界のいわば外野22人が、それぞれの視点から、自由に書き、発言した評論集。国内で発行されているコム デ ギャルソン本の多くがブランドの協力のもと作られていることを考えると、異色の本と言える。そのため、コレクション写真などブランドから提供される写真素材は掲載せず、グラビアはフルーツ、チューン、ストリートに掲載されたコム デ ギャルソンを着たストリートスナップでまとめられている。ブックデザインは前田晃伸。四六判、約350ページ。価格は未定。フィルムアート社から12月中旬刊行予定。

百貨店で愛さるメニューの代名詞"ハンバーグ"を進化させた「熟成肉の塩ハンバーグ」は、木下シェフが選び抜いた国産和牛の熟成肉を使用し、追求を重ねた逸品。客の目の前でダイナミックに焼き上げられる、鉄板焼きスタイルで提供される。オーダーを受けてからメレンゲを立て、鉄板で作るスフレ状でふわふわ食感の木下流パンケーキにも注目だ。

またケーキプロデュースは、パリを拠点とし、世界をリードするパティスリー「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の青木定治が担当。サダハル・アオキ自慢のケーキを数多く楽しめるよう、6種が盛り合わせになったケーキプレートが登場する。

店内は今の東京カルチャーを代表するクリエイターが総合プロデュース。音楽、ファッション、アートと連動した空間デザインを得意とするLINE-INC,の勝田隆夫がインテリアデザインを担当。ロゴデザインはPLUG-IN GRAPHICの平林奈緒美、スタッフのユニフォームのデザインはNumero Unoの小沢宏が手がけている。

アーティストMartin Schoellerによる6名の「LADIES & GENTLEMEN」のフェイスが壁面を飾るなど、定期的にTOKYO PHOTOによるフォトアートが展開され、視覚的にも楽しめる企画が計画されている。
  1. 2012/11/26(月) 15:23:40|
  2. エルメス
  3. | 引用:0
  4. | 留言:0
<<クリスチャンダダ 2013年春夏財布 メンズコレクション - 氷中に閉じ込めた服に本質を問う | 主页 | タエ アシダ 2013年春夏財布 メンズコレクション - 個性的な女性らしさが宿るマニッシュモード>>

留言

发表留言


只对管理员显示

引用

引用 URL
http://almond10335.blog.fc2blog.us/tb.php/7-df8c5fec
引用此文章(FC2博客用户)