シャネル激安財布スーパーコピーブランド商品を提供店

コピー財布 http://www.buybrand-jp.com

ファッションを考える勉強会の第3回財布 メンズ開催 - 「語られない1970年代のコム デ ギャルソン」

財布 メンズ特別ゲスト:西谷真理子氏
1950年生まれ。東京都立大学卒業後、文化出版局に入社。「装苑」「ハイファッション」他に在籍し2011年3月定年で退職。以後2012年6月までハイファッション・オンラインのチーフエディターを経て、現在はフリー。2011年秋に東京オペラシティで開催された『感じる服、考える服 東京ファッションの現在形』展共同キュレーターを務め、カタログ(以文社、PRESTEL社刊)を編集。2010年から2011年にかけては、コピー財布後藤繁雄主宰のSuper School「ファッションを記述する」で講師に。編著に『ファッションは語りはじめた』『相対的コム デ ギャルソン論』(2012年12月刊)(ともにフィルムアート社)。世田谷ものづくり学校発行のIID PAPERにコラム「女子の強気」を連載中。2013年4月より、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部ファッションコースの特任教授に就任予定。

モデレーター:高城梨理世
1984年鹿児島生まれ。母親の影響で幼少時からファッションに興味を持つ。国際基督教大学への進学を機に上京、西洋美術史を専攻。「COLORS ファッションと色彩:VIKTOR & ROLF & KCI」展がきっかけで、ファッションを研究、記述することに関心を持ち、以後修士課程修了まで、ファッションを研究テーマとする。興味の対象はファッションとオリエンタリズムや、前衛性、身体性の問題など。好きなブランドはヨウジヤマモト。東京大学大学院表象文化論コース修士課程修了。

2012年12月5日(水)、「BISTRO CAFE LADIES & GENTLEMEN」がリニューアル中の伊勢丹新宿店本館の3階に誕生する。「Sign」や「bills」の立役者であるとしても知られる通り、常に話題のスポットを生み出すヒットメーカー、トランジット・ジェネラルオフィスの中村貞裕が手がける注目のカフェだ。

国内外の著名人を顧客に持つフレンチレストラン「オーギャマン・ド・トキオ」で知られ、フレンチビストロの第一人者である木下威征がフードプロデュースを務める。

新たに生まれ変わった伊勢丹新宿店本館で、オリジナリティあふれるルイヴィトンコピー東京スタイルのビストロカフェを楽しもう。

ファッションのつくり手であるデザイナーに焦点を当てることで、装いの文化や社会現象を考える勉強会「Think of Fashion」の第3回目が2012年12月9日(日)に開催される。今回は「語られない1970年代のコム デ ギャルソン(COMME des GARCONS)」をテーマに文化ファッション研究機構共同研究員の工藤雅人と近日刊行される「相対性コム デ ギャルソン論」(フィルムアート社)の編集を務めた西谷真理子を特別ゲストとして招き、モデレーターを務める高城梨理世とともに考えていく。

コム デ ギャルソンの歴史は、その多くが1981年のパリコレデビューを始点として「黒の衝撃」というキーワードとともに語られてきた。しかしながら、ブランドの創設が1969年であるのに対し1970年代のコム デ ギャルソンは語られてきていない。

今回は『an・an』など1970年代のコム デ ギャルソンが掲載された雑誌を見ながら、当時のコム デ ギャルソンと「黒の衝撃」以降との落差、現在のコム デ ギャルソンになっていく過程を確認。さらに、1970年代が語られない理由を「歴史」をキーワードとして試論的に考察する。

【プロフィール】
講師:工藤雅人氏
1981年山形県米沢市生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程在籍、文化ファッション研究機構共同研究員、武蔵大学社会学部非常勤講師。専門は文化社会学、メディア史、ファッション論。論文 に「回帰と更新の激安ブランド果てにANREALAGEが見た景色」(『A REAL UN REAL AGE』パルコ出版、2012)、「COMME des GARCONS以前のコム デ ギャルソン――1970年代が可能にしたCOMMEdes GARCONS」(西谷真理子編『相対性コム デ ギャルソン論』フィルムアート社,2012)、 「洋服から身体を引き剥がす――ANREALAGEの示す『かたち』」など。

【書籍紹介】
『相対性コム デ ギャルソン論-なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか』
コム デ ギャルソンをめぐって、研究者(成実弘至、井上雅人、井伊あかり、菊田琢也、平芳裕子、小澤京子、工藤雅人)、 建築家(五十嵐太郎、浅子佳英、坂牛卓、松田達、入江徹、藤原徹平)、哲学者(千葉雅也、本間直樹)、アートキュレーター(長谷川祐子、木ノ下智恵子)など、ファッション業界のいわば外野22人が、それぞれの視点から、自由に書き、発言した評論集。国内で発行されているコム デ ギャルソン本の多くがブランドの協力のもと作られていることを考えると、異色の本と言える。そのため、コレクション写真などブランドから提供される写真素材は掲載せず、グラビアはフルーツ、チューン、ストリートに掲載されたコム デ ギャルソンを着たストリートスナップでまとめられている。ブックデザインは前田晃伸。四六判、約350ページ。価格は未定。フィルムアート社から12月中旬刊行予定。

百貨店で愛さるメニューの代名詞"ハンバーグ"を進化させた「熟成肉の塩ハンバーグ」は、木下シェフが選び抜いた国産和牛の熟成肉を使用し、追求を重ねた逸品。客の目の前でダイナミックに焼き上げられる、鉄板焼きスタイルで提供される。オーダーを受けてからメレンゲを立て、鉄板で作るスフレ状でふわふわ食感の木下流パンケーキにも注目だ。

またケーキプロデュースは、パリを拠点とし、世界をリードするパティスリー「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の青木定治が担当。サダハル・アオキ自慢のケーキを数多く楽しめるよう、6種が盛り合わせになったケーキプレートが登場する。

店内は今の東京カルチャーを代表するクリエイターが総合プロデュース。音楽、ファッション、アートと連動した空間デザインを得意とするLINE-INC,の勝田隆夫がインテリアデザインを担当。ロゴデザインはPLUG-IN GRAPHICの平林奈緒美、スタッフのユニフォームのデザインはNumero Unoの小沢宏が手がけている。

アーティストMartin Schoellerによる6名の「LADIES & GENTLEMEN」のフェイスが壁面を飾るなど、定期的にTOKYO PHOTOによるフォトアートが展開され、視覚的にも楽しめる企画が計画されている。
  1. 2012/11/26(月) 15:23:40|
  2. エルメス
  3. | 引用:0
  4. | 留言:0

タエ アシダ 2013年春夏財布 メンズコレクション - 個性的な女性らしさが宿るマニッシュモード

財布 メンズ2012年10月19日(金)、ビューティフル ピープル(beautiful people)が2013年春夏コレクションを発表した。テーマは「EDOMAE TRAD」。春夏プレコレクションで取り上げた「男はつらいよ」の寅さんから学んだ「いき」を、さらに磨き上げた「江戸前トラッド」。コピー財布インビテーションとランウェイにも花札が描かれた。

「江戸のいき」をトラッドなアイテムの随所に徹底的に掛け合わせ、それを現代の東京の雰囲気で包み込んだアイテムたち。股引(ももひき)風スキニーデニムや、江戸の祭り装束の「腹掛け」風ベスト、折鶴柄に、キュートな「ざるかぶり犬」が微笑んで、まさに江戸づくし。だが、Pコートやブレザーのサイズ感や、ワンピースやブラウスのフェミニンなシルエット、レザーやデニムの質感などに、現代の東京ファッションを代表するブランドならではの新しい粋が見てとれる。

2011年にデビュー20周年を迎えた、「ミス アシダ(Miss Ashida)」デザイナーの芦田多恵。今シーズンよりコレクションラインを独立させ、モードトレンドに特化したブランドとして「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」が新たにデビューする。その2013年春夏コレクションが2012年10月19日(金)に、日本橋三井ホールにて発表された。

ラストは、2枚重ねのようなトロンプルイユのデザインや、盛り上がるチュールのフラワー刺繍がウェストを華やかに飾るイブニングドレスが登場。タウンからパーティシーンまで、モードのテイストを取り入れながらも、どこかはずした余裕を漂わせる着こなしへと仕上がった。

今回発表された「タエ アシダ」以外にも、メインブランドのルイヴィトンコピー「ミス アシダ」は今後も、デイリーから特別なパーティーシーンまで、ライフスタイル全般を想定したラインナップで展開される。

素材もテーマを貫いた。江戸時代のステイタスの象徴である鼈甲の柄のトレンチコートに、笹和紙をウール織機で織り上げたPコート、大島紬の風合いのシルクコットンのジャカード生地、江戸前寿司の代名詞「こはだ」をイメージして、箔でキラキラにプリントしたTシャツなど、どれも深いこだわりようだ。

おなじみのテーマソングをBGMに、寅さんルックも登場。愛用のダボシャツをトラッドスタイルでおなじみのロンドンストライプで作ったり、蛇革の雪駄をポップでカラフルに染めてみたり、寅さんへの愛がこもったデザインに心がなごむ。

江戸の流儀で東京ファッションを前進させようという、ユニークなクリエーションが楽しいコレクションだ。

ファーストルックは、新ブランドロゴをイメージしたルックでスタート。プリントやカラーブロックで、激安ブランド力強くグラフィカルに描いた黒と白のシャープなタウンウェアだ。ジャカードやコットンローンなどハリがある素材をメインに使用し、コクーンシルエットのシャツワンピースや肩がシャープなラインを描くジャケットからは、シルエットへのこだわりが強く感じられる。

タキシードを造形的なディティールで再構築したジャケットやスーツなど、これまでにないマニッシュな提案が印象的だ。それでいて、コットンシルクシャンタンの光沢や胸元の大胆な開き具合など、さりげなく芦田の得意とする女性らしいテイストが香る。またバングル風やブーティ丈の“レザーパッツ”を手首や足首にはめてみたり、カラーリングもブルーグリーンやパープルを用いたりと、個性的なアクセントも。
  1. 2012/11/23(金) 12:32:19|
  2. グッチ
  3. | 引用:0
  4. | 留言:0

レペットが阪急うめだ店をオープン、クリスタルが輝く限定シューズの発売やノベルティの財布 メンズプレゼントも

財布 メンズバレリーナシューズでおなじみの、パリ-オペラ座ゆかりのダンスブランド「レペット(Repetto)」が、2012 年10月25日(木)に阪急うめだ店をオープンする。これを記念して新ショップ限定のコピー財布シューズを発売。また、税込25,000円以上購入した方先着50名様にノベルティもプレゼントされる。

映画監督マーティン-スコセッシが創設した「THE FILM FOUNDATION」が修復-復元した名作映画を毎週水-土-日曜日の午後1時より、入場無料/完全予約制で上映しているグッチ銀座6階のシネマルーム「シネマ ヴィジョナリーズ」。10月はルキノ-ヴィスコンティにとって最初のカラー映画としても知られるの「夏の嵐」(1954年)を上映中。また、11月はミケランジェロ-アントニオーニの「女ともだち」(1955年)を上映予定だ。この2作品は現在日本国内でVHS、DVDともに生産されておらず、限られた機会でしか鑑賞できない隠れた名作である。

「シネマ ヴィジョナリーズ」は、「The Film Foundation」のフィルム修復-保存プログラムを2006年より支援してきたグッチ(GUCCI)が今年6月に開設。損傷-劣化しやすいフィルムをよみがえらせ、後世に作品を伝えていくという活動の意義を広めるため、修復された作品を上映している。プログラムは、12月2日(日)でいったん終了するが、好評につき2013年も延長されることが決定した。

【作品情報】
■10月の上映作品:「夏の嵐(SENSO)」
1954年、監督:ルキノ-ヴィスコンティ
舞台は1866年、国家形成期にあるイタリア ヴェネツィア。不幸な結婚をした伯爵夫人リヴィア-セルピエーリ(アリダ-ヴァリ)が、ヴェネツィアをルイヴィトンコピー占領していたオーストリア軍の魅力的だが放蕩な将校フランツ-マーラー(ファーリー-グレンジャー)に恋焦がれ、家族と祖国を裏切り、恋にのめり込んでいく。オープニングで演奏されるヴェルディの『イル-トロヴァーレ』の効果もあり、オペラのような緊張感を持ってストーリーが展開される。イタリアの名画にインスピレーションを得たセットと、マルセル-エスコフィエとピエロ-トシが手がけた衣装により、壮大な歴史的臨場感を細部に至るまで再現している。

■11月の上映作品(~12月2日(日)まで)
「女ともだち(Le Amiche)」
1955年、監督:ミケランジェロ-アントニオーニ
映画は、デザイナーのクレリア(エレノオラ-ロッシ-ドラゴ)が生まれ故郷のトリノに帰郷し、新しいファッションブティックをオープンするところからスタート。ブティックでの仕事が終わるまでにクレリアに訪れるさまざまな出会いと友情、そして別れを通し、8人の登場人物の豊かな個性を見事に描き出したアントニオーニの手腕が見どころ。交錯するストーリーを前へ後ろへと鮮やかに巡りながらストーリーが展開される。

限定シューズは、「BB Strass(ベベ-ストラス)」の限定カラー、グレイッシュピンク。レペットのアイコンであるフラットバレリーナシューズに、キラキラと輝くスワロフスキークリスタルが一つ一つ丁寧に縫いつけられ、ラグジュアリー激安ブランド感漂う一足だ。高度な技術を要するデザインには靴職人の技が光る。

店内では、カラーバリエーション豊富なシューズの他、バッグやレザーグッズなども揃う。世界中のダンサーはもちろん、キュートなフレンチスタイルを愛するファッショニスタ御用達のレペットの魅力が堪能できるショップの誕生だ。
  1. 2012/11/19(月) 16:14:19|
  2. グッチ
  3. | 引用:0
  4. | 留言:0

博多阪急財布 メンズエル カフェがフレイ アイディーとのコラボレーションイベント開催

財布 メンズ2012年10月31日(水)まで、ディーゼル(DIESEL)の渋谷店に併設されたカフェ「Glorious Chain Cafe」でハロウィン限定メニューが展開されている。コピー財布この時期ならではのキュートなハロウィン期間限定メニューをご紹介。

パンプキンのシフォンケーキを使用したスペシャルサンデー「HALLOWEEN SUNDAE」は、アイスクリームの下にはカボチャやブラウニーがぎっしり。「PUMPKIN PANCAKE」は、Glorious Chain Cafeでも人気のパンケーキをパンプキン入りのハロウィンバージョンで。粉砂糖で描いたこうもり柄もキュート。

博多阪急にあるエル カフェ(ELLE CAFE)でフレイ アイディールイヴィトンコピー(FRAY I.D)とのコラボレーションイベントが開催される。2012年11月23日(金-祝)から12月2日(日)までの10日間限定だ。

期間中エル カフェはフレイ アイディー1色に。店内にはフレイ アイディーの洋服が飾られ、 さらにアレクサ-チャンを起用した秋冬ビジュアルやムービが放映される。また、12月1日(土)と2日(日)には、エル カフェのVIPルームにプレスルームが登場。今後入荷予定の新作サンプルの試着ができ、13:00~20:00の間はファッションスナップ撮影を実施する。取ったフォトは、その場プレゼントされる。

【イベント詳細】
ELLE CAFE×FRAY I.D「JACK&SNAP!!」
日時:2012年11月23日(金-祝)~12月2日(日)
会場:博多阪急4F ELLE CAFÉ
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号

こだわりのオリジナルコーヒー豆を使用した「HAUNTED CAPPUCCINO」は、この時期だけのハロウィンモチーフのラテアートを楽しめる。また、激安ブランドお酒もハロウィン仕様に。定番カクテルのオリジナルブラッディメアリーがちょっと不気味に変身した「SCARY BLOODY MARY」は、まるでオリーブの目がこちらを見つめているよう。

さらに10月27日(土)の18:00から閉店23:00まで、仮装で訪れた人にテキーラショットを飲み放題をサービスするハロウィンナイトを開催。ぜひ足を運んでみて。
  1. 2012/11/13(火) 13:55:28|
  2. グッチ
  3. | 引用:0
  4. | 留言:0